感情豊かな人は悪いことはしない。感情を殺すことは自分の心をごまかすこと

■精神力 ―強くなる迷い― -青春新書-

緊張と弛緩をバランスよく繰り返す生活をしないかぎり、
いざというとき、半分の力も出せないと断言する。

物事には必ず二面性がある。
痛みにしても苦痛ばかりではなく心地よい痛みがあるはずだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

ところが、人間はそれを一面的に決めつけたがるよね。
それによって誤ることがあまりにも多すぎるな。

俺は理性なんかちっとも大切だと思わないんだ。

むしろ、理性が勝ちすぎて、
いきいきと”感情”を失ってしまうことのほうが怖い。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

なぜなら感情の豊かな人は、悪いことはしないんだよ。

よい痛みや疲れを肌で感じるころで、本当の喜びを知る。
その経験が感情を豊かにしていくはずと確信しているんだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

感情を殺して生きているからだ。
喜怒哀楽を素直に表現しないで、自分の心をごまかしているわけだ。

それに慣れてくると、最後には善と悪のケジメもなくなる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■そんなこと、気にするな 20年間無敗・伝説の雀鬼の「惑わされない生き方」 -廣済堂- 困難に襲われた時、 どうせ避けて通れない苦しみ...

自分を殺して仕事をしているうちに、
生き生きした心まで失ってしまう。

いまの世の中に自分の力で立っている奴はどれくらいいるだろうか?


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人の運には「天運」と「地運」がある。

天運とは人知のはかりしれない自然からの運であり、
地運はその人の行いによって積み上げられてくる運だ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自らの力で立ち、自分の力で歩いているということ。

これは言葉を変えれば、
自分の行いを律し、善行を積み、”地運”をつけることだと思うが、
いまの人たちはどうだろうか?


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

地運をつける努力もしない。
それは、自分がないのと同じことだ。

だから人に流されやすく、
流行やブームにすぐに飛びついていくのだろうね。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

不安を持ち、緊張を感じるのが生き物なんですよ。

緊張と不安はあったほうがいい。
それをまず認識することだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■手離す技術 ~20年間無敗、伝説の雀鬼の「執着転換力」~ -講談社- 市場主義の社会では、 たくさん売ったものが「勝ち」とされる。...

私の経験上、大きな勝負にのぞむとき、
緊張と不安をかかえながらも”やったろうじゃねえか!”
という気持ちが同時に起こり、
これらがひとつになったときにものすごい集中力、
エネルギーが出てくるんです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

さらに大事なことは、失敗は誰にでもあるということ。
緊張と不安をなくしても失敗はするということ。

しかも失敗をしないことが偉いとか、
素晴らしいことではないということを認識しなければいけないね。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

要するに極度の緊張と不安を持つのは、
行動力の欠如が原因だね。

積極的に行動して失敗すること。
そして、失敗に慣れていく。

その結果として、いい緊張感を持って、
新しいことに挑戦していく強い心が生まれるのだと思うね。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■見えない道の歩き方 -竹書房- 「悩む」ということは、 必ずなにかその元となる根本的な障害があるはずなのです。 樫の木には樫の実が...

自分の揺れに悩んでいるのなら、まず環境を変えることだよ。

環境を変え、落ちついた生活をして、
症状を軽くしていく努力が必要でしょうね。

それと気をつけなければならないのは、
何ごとも”すぎない”こと。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

良いことも悪いことも、やりすぎは毒だよ。
だから自分の思考や行動を腹八分目という状態にすることです。

そうすることで心のバランスがとれるようになり、
大きな揺れはなくなるはずだな。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

知識よりもさらに大切なものがあると私は実感しているよ。
私は若い人たちを指導するときに「知、行、心」という言葉を使う。

知をもって解決することもあれば、
行動をもって解決しなければいけないこともある。

しかし、もっと大切なことは心で解決することであるという指導だ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする