人は何かを選択し、同時に何かを捨てる…何を選び、何を捨てるかで人生は決まる

■勝負の格言 -宝島SUGOI文庫-

勝負に強い人が「手の内を見せる」ことも
靴や服を脱いでいくのと同じで、
そこには気持ちのいい伸びやかな強さがあります。

勝負においては「手の内を明かさない」ことは
ひとつの有効な戦略として考えられています。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

しかし、強くて余裕があればそんな必要はないのです。

たとえ、手の内を明かしてその人の欠点が知られても、
逆にその弱いところで闘えるほどの強さを持っています。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

気持ちのレベルで考えれば、
「手の内を隠す」というのはその時点で、
自分の不利さや弱点を意識しているということです。

気持ちの上ですでに相手にどこか負けているし、
自分へのごまかしにもなっているのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

それが本番においても出たりするのです。

反対に言えば、強くなるには気持ち的に「素っ裸」
でいつもいられるようにすればいいということです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■突破力 -講談社- 「律する」というのと 「ガマンする」というのは違います。 自分の意思で能動的に自己を抑制するのが 「律する」と...

そういう気持ちでいるほど、
その人の力はどんどん伸びていくはずです。

専門家や業界人であることは、
どこか弱さがあるということだと思います。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

私にとって麻雀は、あって同時にないもの、
なくて同時にあるものなのです。

今は知識をたくさん持つことが頭のよさをはかるモノサシに
なっていますが、私は大昔、自然と共生していた頃の人間のほうが
頭はいいんじゃないかと思います。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人間は本来、
「答え」のない世界に生きています。

私たちは「答え」のあるものに慣れてしまって、
なんでも「答え」を見つけないと心が不安になってしまうのですが、
その「答え」もまた変化するものなのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

「強さ」ということも、
実はコトバで的確に言えるものではありません。

つまり、それは「答え」を持っていないのです。
「強さ」を求めても、「答え」は出てきません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■突破力 -講談社- 私にとっての神は、太陽や風、 地球が生まれてからずっとあるもの、 永遠の連続性をもったものです。 幸福は、誰か...

「答え」がないことが「強さ」であることを、
体で感じるしかないのです。

戦う相手を憎んだり、恨んだり、
蹴落としてざまあ見ろとか、
そんな嫌な感情のなかで戦うから、
品がなくなるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

とくにプロのスポーツであれば、
戦う相手は子どもの頃からお互い非常な修練を積んで、
ようやく巡り合った相手なわけです。

そうしたもの同士が同じ土俵で戦うのは、
ある運命に選ばれたということでもあるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

その縁にまず感謝すべきです。
ことに強者ほど品がなくなりがちです。

思い上がって「おれほど強いやつはいない」という気持ちでいれば、
戦う相手に尊敬が生まれるわけはありません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

相撲だけでなく、剣道や柔道、空手といった日本古来の武道はみな、
礼に始まって礼に終わります。

しかしどんなスポーツや勝負ごともすべて、
礼というはっきりした形がなくても
気持ちの上ではそうあるべきだと思います。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■そんなこと、気にするな 20年間無敗・伝説の雀鬼の「惑わされない生き方」 -廣済堂- 人間はどうだ。 同じ生き物でも、 まったくの...

麻雀というのは、人間の一番ダメな部分、
汚いところがいとも簡単に出てくる勝負です。

普段職場や家庭では隠しているだらしないダメな部分が
自然と出てしまうところです。

本来その人が持っている考え方や生き方の姿勢が
そのまま出てしまうのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人は、何かを選択し、同時に何かを捨てる生き物です。

良いものを選ぶか捨てるか、
悪いものを選ぶか捨てるか、
ズルいものを選ぶか捨てるか、
美しいものを選ぶか捨てるか。

何を選び、何を捨てるかで
その人の人生は決まってきます。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

麻雀は一牌ずつ選び、捨てていきます。

その一牌一牌の足跡を見ていくと、
その人が会社や家庭でどんなことをやっているのか、
どんなつき合い方をしているのかがわかってしまいます。

世の中で立派と尊敬されている人でもその足跡を見ると、
とんでもなく汚かったりします。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする