ピンチの本質一覧

書籍/本『ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ-』についての豆知識予備校

桜には桜の、梅には梅の生き方、努力のやり方がある。小さな目標をいろんな場所に入れていくことでそこに楽しみが起こる。要領や小手先のテクニックで弱点をカバーしたとしても、人としては弱いままである

■ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ- 桜には桜の、梅には梅の生き方、努力のやり方がある。小さな目標をいろんな...

苦しい時、その苦しさに負けたくない。”厳しさ”はリスクを伴うものであるが、そのリスクを克服する過程にこそ本当の喜びがある。”厳しさ”が大きければ大きいほど、”楽しさ”も大きくなっていくのである

■ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ- 苦しい時、その苦しさに負けたくない。"厳しさ"はリスクを伴うものである...

ピンチを深めるのは”欲”ではなく、”欲”が作り出した”豊かさ”にあると私は考えている。ピンチを脱するときにも、最低ふたつ以上の要素を合わせれば変換できる可能性があるということである

■ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ- ピンチを深めるのは"欲"ではなく、"欲"が作り出した"豊かさ"にあると...

この私も、何か事があった時に相反するふたつの考え方を自分の中に持つようにしている。「何でもあり得る」と思っていれば、対応の幅が広がるのである。私に言わせれば自然の力は「想定外」の連続である

■ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ- この私も、何か事があった時に相反するふたつの考え方を自分の中に持つよう...

「生きるか死ぬか」のときに出てくる人間の動きこそが本来の「人間の動き」であり、「正しい動き」なのだ。「負け」にも意味はちゃんとあるし、その意味をしっかりと残していかなければいけない

■ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ- 「生きるか死ぬか」のときに出てくる人間の動きこそが本来の「人間の動き」...

物事を受け入れるにはこの”無”の感覚が必要なのだ。ピンチを察する力は”違和感”を感じる感覚に近い。だから普段から”違和感”というものに敏感になっていないとピンチを察することもできない

■ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ- 物事を受け入れるにはこの"無"の感覚が必要なのだ。ピンチを察する力は"...