未知の力を開く!一覧

書籍/本『未知の力を開く! ~気鋭の精神科医が「雀鬼流」を診断する~ -ゴマブックス-』についての豆知識予備校

「どうせダメだよ」という思考に囚われた子どもは、「自分はここまでしかできない」という壁を勝手に設定してしまいます。焦らずに子どもを待つことができるか、我慢できるか、ちゃんと付き合ってやれるか

■未知の力を開く! ~気鋭の精神科医が「雀鬼流」を診断する~ -ゴマブックス- 「どうせダメだよ」という思考に囚われた子どもは、「自分はこ...

金がかかることはすべて偽であって嘘なのだ。ものの流れを感じていれば、その後に起こることが分かる。自分の心の痛みを知っている人は、他人の心の痛みにも気がつくようになるはずだ

■未知の力を開く! ~気鋭の精神科医が「雀鬼流」を診断する~ -ゴマブックス- 金がかかることはすべて偽であって嘘なのだ。ものの流れを感じ...

自分の中に潜む、ずるいところや卑怯なところを感じると、「あ、格好悪いな」と思うようになったのだ。私のこの”生まれてくる”感覚を大切にする気持ちは自然界に近いところにある

■未知の力を開く! ~気鋭の精神科医が「雀鬼流」を診断する~ -ゴマブックス- 自分の中に潜む、ずるいところや卑怯なところを感じると、「あ...

時間を惜しまず、いろんなものを見て、いろんな人と話して、いろんな体験をすることで心の領域は広がり、鍛えられるのだ。五感を研ぎ澄ますには、自然の中に身を置くことが一番なのだ

■未知の力を開く! ~気鋭の精神科医が「雀鬼流」を診断する~ -ゴマブックス- 時間を惜しまず、いろんなものを見て、いろんな人と話して、い...

自分の捨て牌、それは自分が通ってきた道である。それは自分の姿でもある。自分がいらないと思ったものこそ大切で、そこに本当の自分、ものの本質が隠れていると私は思う

■運に選ばれる人 選ばれない人 -東洋経済新聞社- 自分の捨て牌、それは自分が通ってきた道である。それは自分の姿でもある。自分がいらないと...