修羅場が人を磨く一覧

書籍/本『修羅場が人を磨く -宝島社-』についての豆知識予備校

時代が「よし」とするものこそ疑ってかかる、「よい顔」を装ったものほど警戒する。しかし、戦後の修羅場と似たような状況が、そう遠くない未来に必ずやってくると私は考えている

■修羅場が人を磨く -宝島社- 時代が「よし」とするものこそ疑ってかかる、「よい顔」を装ったものほど警戒する。しかし、戦後の修羅場と似たよ...

私が物事を判断する上でひとつの基準としているのは、「勇気でやるのか」「卑怯な気持ちでやるのか」ということだ。すなわち悪いことに学んだ者ほど、修羅場に対する免疫は強くなるのである

■修羅場が人を磨く -宝島社- 私が物事を判断する上でひとつの基準としているのは、「勇気でやるのか」「卑怯な気持ちでやるのか」ということだ...

人間というのは自分勝手なもので、人にしてもらったことはすぐに忘れ、人にしてあげたことをずっと覚えていたりする。正しい選択とは、現代社会に横行する効率主義や損得勘定だけで測ることのできないものである

■修羅場が人を磨く -宝島社- 人間というのは自分勝手なもので、人にしてもらったことはすぐに忘れ、人にしてあげたことをずっと覚えていたりす...

世の中には生まれてから死ぬまで、ずっとダメな人だっている。何も得られない、わずかな食料さえも得られないという人たちがたくさん存在する。「生まれたら壊れる」。それはこの世の宿命といえる

■修羅場が人を磨く -宝島社- 世の中には生まれてから死ぬまで、ずっとダメな人だっている。何も得られない、わずかな食料さえも得られないとい...