悪い揺れが起こる原因を理解しそれを取り除けば、 心は自然といい揺れになる

■運を支配する -幻冬舎新書-

それゆえ思い込みというものは、
思いがどんどん重なっていくという印象がある。
感覚で何かを捉えることは軽やかで執着というものがないが、
「かんがえることは重たい」ものなのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人のさまざまな考えの中でもっとも重たいのが、
思い込みである。

思い込みの強い人は、
自分の考えを強く思い込むことで、
他人との間にさまざまな軋轢が生じたり、
衝突する確率が高くなる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

思い込みの強い人と一緒に仕事をしたり、
生活をともにするのはけっこう大変である。

それゆえ人が離れていくと同時に、
運からも見放されることになる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

思い込みの強い人というのは、
概して心の底に不安を抱えているものだ。

その不安をなんとか解消しようと、
思い込みという決めつけをして安心を得るのである。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 勝負というものは基本、ひとりでやるものである。 勝負をしているときに誰か他の人の力を借りるわけ...

いうなれば不安を解消するために出した自分なりの解答が、
思い込みという形になるわけだ。

「自分は正しい、絶対に間違っていない」
というタイプの人がよくいる。

こういう人の思い込みを正すのはなかなか難しい。
思い込みを正すのに違う考えをぶつけても効果はない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

あくまでその人が正しいと思い込んでいることとは
違う具体的な例を見せることしか、解決の方法はない。

「いいこと」というのは、
思い込みの方向や程度によっては、
それを共有しない人を攻撃する道具になったりすのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

私は思いを持つなら、
「ふと思う」という感じにしたい。

そういう思いは瞬間のものなので、
重たくはならない。

軽やかに漂ってスッと消えていく。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

思い込みに囚われた重たい思いよりも
「ふと思う」という思いのほうが、
そのひとらしい「いい味」が出る。

「重たい思い」というのは、
その人の本来のよさまで隠してしまうのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 文化も言葉も違う異国の人々と「みんな仲良く」やっていくのには ちょっと無理がある。 それぞれ...

もっとも正確なことをいえば、
生きている人間の心で、
揺れていない心などありえない。

まったく動きもせず、
変わることもない心があれば
それはちょっと異常な状態である。

おそらくまったく揺れない心を持っているのは、
死んだ人間だけだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人の心は、絶え間なく動く。
問題は、いい揺れ方をするか、
あるいは悪い揺れ方をするかである。

結局、どんな揺れ方をするか、
どんな動きや変化をするかということが大事であって、
いい揺れ方をし、いい動きをし、良い変化をしていれば、
それこそが「揺れない心」と呼べるだろう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

たとえば、感情に曇りがなく穏やかな気分でいるときなどは、
心が揺れていない状態である。

心が激しく揺れている人は、
何かに強く囚われていたり、
リズムが一定していない揺れ方をしている。

つまり悪い揺れ方をしている。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人を評して、よく「ブレている」「ブレていない」といったりするが、
ブレた状態とは、「いい揺れ」から外れることで起こる。

「いい揺れ」からしょっちゅう外れてしまう人は、
つまるところ自分のしっかりとした軸を欠いているのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 人間関係にトラブルは付き物である。 そういうトラブルを見かけたら見て見ぬふりをするのではなく...

とはいうものの、考え方なり、
行動なりを意識して変えていけば、
「いい揺れ」に近づいていくことは可能だ。

つまり、何もないところから「いい揺れ」を目指すより、
「悪い揺れ」が起こる原因を理解し、
それを取り除いていけば、
心は自然と「いい揺れ」になっていくものなのである。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人の意識はこのように何かマイナスの負荷がかかったとき、
半ば無意識に悪いほうに想像を広げる癖を持っている。

意識がこういう癖を持っていることは、
よく理解しておいたほうがいい。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

マイナスの想像は、
いい流れを止めることもあるからだ。

あるがままに事実を受け止めて、
次の瞬間には別のことをさっと考える。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする