目標管理、目標設定をする程愚かな行為はない!?人生を下らなく生きる人々…

■生き残るヤツの頭の働かせ方 ~20年間無敗の雀鬼が明かした本質洞察力~ -アスコム-

多くの人が「勝ちたい」という。

勝つことが正義だと思っている。
そして、強いものが勝つとも思っている。

でも、本当にそうなのか。

人間には欲がある。
とにかく何かを得ようとする。

誰かが何かを得ようとすれば、
どうしても奪い合いになる。

奪い合いになれば、そこに勝ち負けが生じる。
奪ったほうが勝ちで、奪われたほうが負けだ。

勝負の本質はここにある。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

だとすれば、勝つことは正しいことなのか。
勝つことは正義なのか。

勝った人はいい人、すばらしい人なのか。

そうではない。
勝つとは奪うこと、つまり勝者とは強奪者のことだ。

奪うものがいれば、奪われるものがいる。

勝つことが善だなどとても言えない。
強盗が善で、被害者が悪だなんて言えるはずがない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

だからといって、弱いままでいいということではない。

それでは奪われっぱなしになってしまう。
弱いよりも強いほうがいい。

ただし、その強さとは、奪いに行くための強さではなく、
奪いに来た敵から自分や周りのものを守るための強さだ。

しかし、残念なことに人間は力を持つとすぐに奪いに行きたくなる。
本質的に弱いからだ。

すぐに、自分のテリトリーを広げたくなってしまう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人類の歴史は奪い合いの歴史だ。

戦国武将はただ力でうまく奪っただけの人たちだ。
別に偉くもなんともない。

力を持ったから奪いに行った。
力があったからうまく奪えた。

そういうことだ。
それを構成の人が勝者だと言って崇めているだけだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■精神力 ―強くなる迷い― -青春新書- 人というのはね、 とにかく「やるしかない」んだ。 悩んでいるヒマなどない。 すべて困...

そんなに奪うことがいいことなのだろうか。
そんなに奪う必要があるのだろうか。

強さは守ることにだけ使えばいいし、
守るためだけに強くなればいい。

本当の強さとは、
奪わない強さのことなのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

力を持つと、奪うだけでなく、
人をつぶしにかかるという人もいる。

しかし、人につぶされないためには、
まず自分が人をつぶしに行かないことが第一だ。

「戦うな」という意味ではない。
自分の言い分を主張することと、
相手をつぶしに行くこととは違う。

「何があっても自分は他人をつぶしに行かないよ」という人には、
次第に誰もつぶしに行かなくなる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人間には恐怖心というものがある。
他人をつぶしにかかる最大の理由もこの恐怖心だ。

「先につぶしておかないと自分がつぶされるかもしれない」
という恐怖心である。

「つぶしに行かない」という姿勢は、
この恐怖心を取り除くことになる。

やがて相手は
「こいつをつぶしても何の利益にもならない」と気づく。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人間は恐怖心というものを最も嫌う。
恐怖は人を支配する。

その恐怖を取り除いてやれば、
つぶそうとする人も変わってくる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■男の器 ―――常識に囚われない生き方 -角川oneテーマ21- 女は泣くことで行動の切り替えをスムースにしている。 泣くことによって...

つぶしにかかってくる相手に対して、
つぶしで真っ向勝負に出ると、
そこはもう泥沼のつぶし合いになる。

つぶそうとする人は、
相手がつぶそうと思っているとつけ込みやすくなる。

詐欺師は人の欲望につけ込む。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人間は弱い。
個体の話ではなく、人類全体の話だ。

そんな弱い生き物が弱肉強食の生存競争の中で
生き残るためにどうしたか。

弱さを補うために、
道具を使うことを覚えたのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人間は万物の霊長なんて言っているが、
別に特別進化した生物というわけではない。

むしろ弱い生き物だ。

それを、偉そうに特別扱いしようとするから
おかしなことになる。

自然からどんどん切り離されていく。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

人間は、まず自分たちは非常に弱い生き物なんだということを思い出し、
それを認めた上で、そこからいろいろな物事を捉えていく必要がある。

弱い人間たちがしたことは、
道具の使用だけではなかった。

彼らは集団を作った。
そして、その集団のテリトリーを広げたいという気持ちを持った。

狩猟範囲を広げたい、
田畑を広げたい、
獲物や収穫物を広げたい、
富を広げたい、
国を広げたい……。

これらは決して強さから生まれたものではない。

弱さを埋めたくて出てきたものなのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 人間関係にトラブルは付き物である。 そういうトラブルを見かけたら見て見ぬふりをするのではなく...

本当の強さというのは、
こうした根源的な弱さを認められるかどうかではないだろうか。

まず、自分たちが弱いことを認めよう。
すべてはそこからはじまるのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

私は、「目標を立てるべきか、そうでないかは人それぞれ」
と考えている。

目標を立てることでいい方向に向かうという人もいれば、
目標を立てたらたいへんなことになる人もいるのだ。

あるいは、同じ人でも、
目標を立てるべき時期と立てるべきではない時期がある。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自分の軸さえしっかりしていれば、
自分探しなんて必要ない

いや、旅になんか出たって、
自分が見つかるわけがない。

自分は自分の中にしかないのだから、
旅に出ている暇があったら、
自分を観察したほうがまだましだ。

あるいは、自然と自分の関係をよく観察したらいいのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする