耳を澄ませば、相手の運、精神状態等が心の目で見られるようになる

■勝負の格言 -宝島SUGOI文庫-

後始末をちゃんとすれば、
次の準備に素早く取りかかれます。

準備が不十分であれば、
実行の内容も満足いくものにはなりえません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

勝負事でも仕事でもいい心の状態で
準備をしっかりすることが、
いい実行につながります。

内容がよければ、
ミスや歪みも少ないので、
後始末も手間がかかりません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

反対に実行の内容が悪ければ、
後始末がスム―ズにいきません。

やる気が起こらなくなって
そのまま放り投げてしまうこともあります。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

「準備・実行・後始末」をいい流れに乗せることが、
次の「準備・実行・後始末」へとつながっていきますが、
一連のサイクルを連続させる気持ちが薄いと、
最後の後始末をおろそかにしたりします。

ある程度の満足がいく内容が実現出来れば、
そこで安心して気を抜いてしまうのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 私は私の道を歩くために生まれてきた。 誰か他の人が歩いた道をなぞるために生まれてきたのではない...

後始末をちゃんとやるかどうかで、
次の準備に差が出るわけです。

ものごとは円の感覚ですることが大事ですか、
後始末をきちんとすることで
その人の行動は円になります。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

準備だけで実行がなければ点だし、
準備と実行だけなら線です。

後始末が入って円になるのです。

円は強い形です。
つまり縁を次々と連続させる人は強いのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

麻雀を打っている時、
私は相手の牌を切る音で調子がわかります。

「これは自信があるな」
「焦って大きな手を狙っているな」。

そんな相手の心理が微妙な音の響きでわかります。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

そんな時、
私の目は牌を見ながらも、
同時に見ていないような感覚があります。

目を半分閉じるようにして耳を澄ましています。

それは耳で見るような感覚というか、
身体の内側にある目を開いていくといった感覚です。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 世の人々はいつの時代も"成功者"や"権力者"、 あるいは"体制"といったものに流されがちである...

目に力を入れると見ることにとらわれて
かえって体が硬くなってしまいます。

耳を澄ませば全身の感覚が立ち上がって、
鋭敏にさまざまなものをとらえだします。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

勝負には流れがあります。
その流れは気配となって場に現れます。

目ではその気配をとらえることが出来ません。

しかし、耳を澄ませば、
相手がどんな運量を持っているか、
どんな精神状態か、
そうしたことが透き通るように
心の目で見られるようになるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自分さえ勝てばそれでいい、
周りはどうでもいいという感覚、
分をわきまえない見境のなさ、
手段を選ばない勝ち方は、
粋とは無縁の卑しいものです。

弱さが根底にある勝ち方は、
このようにいびつで品に欠けます。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

全体が循環していつまでも潤うのが、
バランスのいいあり方です。

勝負においてもこうしたバランスのセンスがあることが、
粋なのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 私はそんな最低の人間にはなりたくない。 だから思いやりのないことをされたら、 いつも以上に他...

私は「不調こそ、我が実力」と思っています。

そもそも好調が実力であって不調は実力でない、
という道理はどこにもありません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

好調を基準にしていれば、
いざ不調になった時あわてて不必要に
調子を崩しかねません。

しかし、不調が基準になれば、
そうなっても、あわてることはありません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自分はまだまだと思って成長の伸びしろが
大きくなります。

人間は調子のいい時だけ
都合よく勝負するわけにはいきません。

調子が良かろうと悪かろうと、
いつだって仕事の勝負があったり、
生活の勝負があったりします。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする