損したくない、得たいと思えば、一番大事なものを失い、負けの道を歩む

■瞬間力 ~逆境を乗り切る方法~ -竹書房-

損したくない、得たいと思えば、一番大事なものを失い、負けの道を歩む

麻雀も情報と知識で何とかなると思われている。
だからバランスを崩してまで知の部分をふくらませてしまう。

知識に偏ると、
まず時間がかかりすぎる。

そうなると不安が広がる


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

結局のところ、
考えているようで悩んでいるだけという状態に陷るんだ。

悩んでいては、
勝負に勝てるはずはない。

あれもこれも見て考えて分析しようとするから、
部分にこだわりすぎ、執着したり、
停滞したりする。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

今はなんだか人間を食わせるウィルスが飛び交ってるような時代だね。
そうすると、やっぱり救われたいという発想も芽生えてくるんじゃないか

狂の要素がふくらみすぎて、
なおかつそのことに気づいていない人がとても多い。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

オレは打算がないからなんでも言える。

本当に相手のことを思う気持ちがあれば、
そういう人には見たまま思ったままを言っちゃうんだ。

今は人間関係にも利害や打算がからむことが多いね。
もちろんものごとに計算は必要でしょう。

でも、失うことを異様に恐れ計算高くなりすぎるあまり、
かえって失う方向、負ける方向へと進んでしまっているのがほとんどだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

面白いものだよね。

自分だけは損したくない、
得るだけがいいと思っている人間ほど、
いちばん大事なものを失い、
負けの道を歩んでしまうんだから。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■人を見抜く技術 ~20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」~ -講談社+α新書- 人は自分の心を抑えようとしても、 その心理状況...

プライベートを大切にするってことが必要だと思うね。
まず個を大切にするんだよ。

何よりも組織が第一だなんて言ってると、
かえっておかしなことになってしまう。

オレは集まる人間それぞれの個を大切にしたいんだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

個がしっかりした人間が仲間として集まる、
そういうのがいいと思ってる。

雀鬼流は、勝ちの方法を探ることが前提にあるわけではない。
まず個を大切にし、鍛える。

それを通して何かいいものが生まれてくれればなおよしっていう感じだね。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

知識にしろ損得にしろ、
まったくかかわらずに生きることは無理だよな。

それが人間の要素のひとつであることは間違いないんだから。
オレは、誰にも損得勘定があることは否定しない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■突破力 -講談社- 子どもというのは、たまにハメをはずしたり悪いことをしながら、 善と悪を学んでいくものです。 完全無欠な子どもな...

麻雀の中でも普段の生活でも、
損得だけで動くようなことがあったら、
ウチの子は「恥ずかしいことをしてしまった」と思うだろう。

……やっぱりこういうの、
今の世の中じゃ異端かもな。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

どんなことでも、訓練が足りない人間には、当然限界というものがある。
ある頑張りが三時間しか続かない人間がいる。

でもその人が、必死で五時間、
ヨレヨレになりながらも頑張る訓練を積めば、
今度はそれまでの三時間は楽にこなせるようになるものだ。

気持ちにも余裕が出てくるしね。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

そういう修行をすることで、
本人にも根性もつき辛抱もできるようになる。

さらに鬼打ちをやっている子の周りも
「わぁ、かっこいいな」「あいつ、すごいな」と、
エネルギーをもらえることになる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■努力しない生き方 -集英社- 自由を求めるとますます苦境に陥ることもありうる。 自由になりたいという衝動は、 さまざまな制約のある...

オレも頑張ろうって気持ちを与えることができるんだよ。

身をもって無言で人に力を与えるなんて、
なかなかできないじゃないか。

やる気を出してる子は見ててもやっぱりいいよ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

能登は麻雀が強いわけではない。

打てば負ける方が多いが、
そんなことは関係ない。

能登はそんな厳しい状況でも生き生きとして打っていた。

そして能登の頑張りに気づいて、
自分もやる気を出す仲間がいる。

それが素晴らしいことなんだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

個性がある人間が集まらないと、
まとまりなんて出てこないとオレは思う。

また、雀鬼流麻雀の鍛錬は、
どこまでも個を強くするためのものだ。

組織というのはいつかつぶれるものでしょう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする