人生の知恵の輪を正しく読み解く!知恵袋と知恵泉の宝庫 桜井章一氏の名言

■突破力 -講談社-

私にとっての神は、太陽や風、
地球が生まれてからずっとあるもの、
永遠の連続性をもったものです。

幸福は、誰かに求めるのでなく、
誰かにあげるものです。

誰かにつくってあげるものです。

「この人に幸福をあげよう」
とか、そういう意識がある人は、
多かれ少なかれ幸福感があるはずです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

たしかに現代は生きづらい時代だと思います。

ひとことでいえば、いまは、
あしたが見えにくくなっていて、
みんなが不安になっている時代なのです。

こんな時代のなかで、自分を見て、
あしたを見るためのただひとつの方法は、
まわりの人や状況に対し意識的に「関心」をもつということ、
それしかないのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

そういうときは往々にして、
何の先入観もなしに、
最初に何かを感じたほうを選ぶのが、
正解だったりします。

少し迷ったときは、最初にいいと思ったほうを
選んだほうがいいでしょう。

そういうときの最大の決め手は「違和感」です。

どうにも違和感の強い道であれば、
それを感じない道を進むことが、
正しい選択となるはずです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

実は、分岐点で道を選択するというような場面で、
日ごろの人間性が問われてきます。

己を直視せず、
いつも自分をごまかしているような人は、
主体性をもった選択ができません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■運を支配する -幻冬舎新書- ただ、必要以上に悔いたり、 非難したりすることはない。 肝心なのは、 ミスという傷口を広げな...

決められた道を歩み続けることで、
拒否反応があらわれるというのは、
よくあることです。

親がよかれと思ってやったことが、
子どもの人生を困難なものにしてしまうということもあります。

運命は、すべて自己責任です。

分岐点に来たら、
周囲の雑音に心を乱されることなく、
素直な感性と本能に従って選択していくべきなのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

言葉にするということは、考えている、
ということです。

考えているあいだに、ものごとは変化しているので、
その人の行動はたいていいつも間にあわないか、
見当はずれになるのです。

考えるのではなく、感じるのです。

行動しながら感じて、感じながら行動できるというのが、
理想です。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

考えてしまうと、そこにずるさや計算高さといった
雑念が生まれてしまうのです。

雑念の裏にあるのは、
自分だけがうまくいけばいいと言う考えです。

ずるさや計算高さは、
結局、自分だけがよければいいということです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

考えるな、感じろ、といいましたが、
では何を感じればいいのか。

それはまわりの人たちのことです。

まわりの人たちが少しでも明るくなること、
楽しくなることを感じればいいのです。

感じたら、瞬時に行動に移す。
そこに雑念などが入る余地はありません。

それがうまくできたら、
その場はもう、その人のものです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■運を支配する -幻冬舎新書- どんな人でも例外なく、 自分がラッキーな状況にあるなと感じているときは、 気分がいいものだ。 その事...

行動と感性をむすびつけてものごとをうまくやること、
まわりの人たちが少しでも明るく楽しくなるように
ものごとの流れをもっていくこと、
それが「知恵」というものです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

知識や情報を頼りに考えるから、
ものごとがうまくいかないのです。

「知恵」というのは、
勉強のなかからは生まれません。

日々の生活のなかで身につけて、
いくものです。

結局、知恵は経験で身につけていくしかありません。

それには、勉強机を離れて、若いうちから、
いろんな人とつきあったり、
とにかく身体を動かしていろいろなこと
体験していくことしかないのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

まず、そういう受身の生き方を改めなければなりません。

それには、変化に自分で気づくことです。
変化に対する自分だけの気づきの力を磨くことです。

生きて生活していれば、
一日に何回も気づきの機会はあるものです。

身近な、ほんの些細な、
とるにたらないような変化のなかにこそ、
自分にとって大切なヒントは隠されているのです。

それに気づくかどうか、
それが問題なのです。

そして、気づいたら、
今度は実行すればいいのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

歩けども見えてこない山頂に向かうまでの
過程も楽しいものです。

その途中途中を楽しむのが、
本当の山好きです。

それが、仮に頂上を征服することだけを
目的にするとどうでしょう。

そうなると頂上に着くまでの経過は、
まったく苦行そのものです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■精神力 ―強くなる迷い― -青春新書- いまあなたにとって大事なのはあなたが、 そこに踏みとどまることではなく、 感謝の気持ちで前へ...

何度もいうように、
私が重視するのは「結果」より「経過」なのです。

常に目指すところがあるという、
その過程が面白いのです。

いまこの一歩をしっかりと味わい楽しむ
という気持ちも忘れていません。

いまここからこそ、何かが始まる、のです。

何にでも、「いまが始まり」という意識をもつことで、
きっと流れをいい方向へ変えていくことができるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

たいていの人は、
まず相手がどんな人物かを読みとろうとします。

しかし、実はこの発想が起点にある限り、
人間関係で、正しい相互理解はできないのです。

相手をわかろうとする前に、
自分のほうから見せるべきなのです。

他人を知るためには、まず自分を理解し、
その自分を相手に正直に見せることから始めるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自己を見つめて短所や欠点を自覚しないかぎり、
相手のことは理解できません。

悪い部分をさらけ出せる正直さがあれば、
相手のことも素直に見えるようになるのです。

自分を知り、相手のことも理解できて、
初めて全体の流れを見ることができるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする