貴方は逆境ナイン!?窮地を乗り切るには開き直らないこと!名言の森

■突破力 -講談社-

背中は人間の軸です。

背中を見れば、
つまり姿勢を見れば、
だいたいその人の人間としての力量はわかるものなのです。

姿勢というのは、
それほど大事なものなのです。

姿勢というのは、
身体そのものの姿勢のことだけでなく、
生きる姿勢、
その人の生き方をあらわすのです。

背中は言葉よりもよく語るのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自分が頼れる人間であれば、
つまり「自信」があれば、
信仰はいらないことになります。

逆に、自分が頼れないのであれば、
他人か宗教か、
自分以外の何かを信じて頼るよりしかたありません。
つまり「他信」です。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

手に余るほどのたくさんの情報があることに、
どんな意味があるのでしょうか。

情報が願いを叶えてくれるわけではないのです。

情報というのは、
生かして初めて価値が出るものです。

ゴミのような情報がいくらたくさんあっても、
個人の生活は何も変わらないのではありませんか。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

情報を生かす、といいましたが、
情報を選別して自分のものにして役立てる、
ということについては、
人は昔からやってきました。

これは体験を重ねて初めてできることです。
これがまさに知恵というものです。

いつでも多種多様な情報が得られ、
賢くなっていくと思っている人も少なくないでしょうが、
実際は反対にバカになっていっているのだと思います。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■群れない生き方 -ソフトバンク文庫- 文化も言葉も違う異国の人々と「みんな仲良く」やっていくのには ちょっと無理がある。 それぞれ...

庶民は生活のなかで他人と接するときの
立ち居振る舞いをしっかりと守ってきました。

いわゆる「江戸仕草」です。

町で暮らしていくうえで、
こうした仕草が自然に出ない人は
「田舎者」であり、
粋とは呼ばれませんでした。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

こういう仕草は、
マナーやルールといった理屈では語れません。

何かのためにこういう仕草があるのではなくて、
こういう仕草をすることで、
他者への思いやりや気遣いといったものが、
自然とついてくるのです。

まず気持ちのいい仕草があれば、
心はちゃんとあとからついてくるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

世の中でいちばん偉大なものは、
何でしょう。

いちばん価値のあるもの、
といいかえてもいいのですが、
私はそれを「いかに連続性があるか」で、
判断することにしています。

そういうものを「神」だと、
私は思うのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

ミミズはわれわれにとっては隣人です。

人間同士だけでなく、
すべての動物、
植物が隣人なのです。

われわれはその隣人に恵みをいただきながら、
おたがいの生命を保っているわけです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ -KKベストセラーズ- ピンチを深めるのは"欲"ではなく、"欲"が作り出した"豊かさ"にあると...

いつもいうのですが、世の中、
花だけ見ていてはダメなのです。

出世、名誉、カネ、といったもの、
世の中の花の部分にしか興味を示さない、
というのではダメなのです。

もっと、根っこや枝ぶりといった根本の大切さを認識していかないと、
大切なことを見落としてしまうことになるのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

開き直りの精神というものは、
本当はもう打つ手がない状態のことです。

実はお手上げ状態になって逃げているだけです。
諦めてしまっているのです。

たまたま結果オーライになったとしても、
私はあまり感心できません。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

本当に強い人は最後まで諦めないのです。
開き直ったりはしないのです。

窮地に追いつめられて打開策が尽きたように思っても、
必死になって探せば何か手はあるはずなのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

どんなに崖っぷちに追い込まれても、
正面から敢然と困難に向きあうことができれば、
肝もすわります。

そこでけっして逃げないことです。

最後まであきらめなければ、
突破の糸口は必ず見つかるものなのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■「一瞬の勝機」のつかみ方 ~生き方が勝ち方を決める~ -静山社- 嘘をついて相手をうまく騙したつもりでも、 ついた瞬間、その嘘は自分...

自分を知るということは、
生きていくうえでとても大切なことだと思います。

でも、他人の欠点はよく見えても自分のそれは見えないように、
本当に自分のことを客観的に見て知るというのは
難しいものです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

なぜ自分を知らないかと言うと、
誰かがつくった既成の価値観のレールに乗って
判断しているからです。

そのほうが楽だからで、
それは本人の甘さであり弱さなのです。

過大評価も過小評価もせずに、
もっと真摯に、
それこそ勇気と素直さをもって自分自身を見つめ、
知ろうとしてもらいたい、
と思うのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

私の道場 (雀鬼会) の麻雀は一手1秒で打ちます。
考える力ではなく、瞬間のカンを磨くためです。

そうやってカンを磨いているうちに、
当然スピードも速くなります。

初めて見る人には、
たぶんついていけないスピードだと思います。

ただ、本人たちはスピードのことを
意識していないはずです。

結果的にスピードが速くなっているだけで、
スピードを速くするためにやっているのではないのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする