お金もない。物もない。何もない部屋から人生を初めてみる。桜井章一

■そんなこと、気にするな 20年間無敗・伝説の雀鬼の「惑わされない生き方」~ -廣済堂-

独立して、自分で商売をやればいい。

リストラされる前に、
それだけの力を身につけておけばいいだけのことだ。

力をつけるなんて言うと難しく聞こえるが、
いまやっている仕事で独立開業するには
どうすればいいかをつねに考えながら、

日常の仕事をすればいいだけのことだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

きれいぶっていることには汚さがつきものだからである。

世の中には、こうした矛盾が満ちあふれている。

美しさのなかの汚さ、
善のなかの悪、光と闇、凸と凹、表と裏、男と女……。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

つまり、極論を言えば、
あなたは自分の給料を確保するために、
消費者に高く売りつけているということになる。

そのことをよく知っておいてほしいのだ。
そうした一種の”加害者意識”を持って仕事をすることが、
あなたを強くすることに違いないからだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

売れるものといいものは決して同じコンセプトからは生まれない。

「美しい」という話のなかには「汚さ」が潜み、
「汚い」話のなかにも、実は、「美しい」ものがあるかもしれない。

“半分信じて半分疑う”柔軟性を、
あなたにはこの際、ぜひ身につけてほしいのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■努力しない生き方 -集英社- 私は自分に引きつけて誇りというものをじっくり考えたことはないが、 そのようなものが何かあるとすれば、牌...

「自信を持って生きる」という意味は、
「自分の才能が優れているということを自分で信じて生きる」
ということだ。

あるいは、その逆で、
「自分がたいした能力しかないことを知って生きる」
ということにもつながる。

これは、明らかに変だ。

才能があるとか能力がないというのは、
あくまで他人の評価によって決めることであって、
自分で決めることではない。

だから、能力がないのにあると錯覚する「自信過剰」や、
一回の失敗で本当は才能があるのにないと思ってしまう
「自信喪失」が起こるのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

実際、私たちのまわりで、中身が伴っていないのに、
自分で自分をことさらよく見せようとしている
人たちがなんと多いことだろうか。

あるいは、逆に、
自分がやることにわざと卑屈になったりする人がいるのも、
この「自信」がなせる業である。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

言っておくが、
私は自信があるとも、自信がないとも思っていない。

あえて言うならば、
「ある」と「ない」のちょうど中間のあたりにいるかもしれない。

できれば、
あなたもこの位置にいるといいかもしれない。

「自信があるか」と聞かれたら
「自信なんかあるわけない」と答えられるし、
「自信がないのか」と尋ねられたら、
「もちろん、自信はある」と答えられる位置。

それが、今私がいる位置だ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

なぜ、私がこの位置にいることを選び、
それをあなたにもすすめるのか。

それは、ここにいれば、
ありのままの自分とつねに向き合えるし、
いつも、自分らしくいられるからだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■努力しない生き方 -集英社- 教わって学ぶというのは半ば強制的なものなので 実は身につきにくいことである。 何かに気づいて「あっ!...

まず、いまの自分が本当の自分かどうか
疑ってみたらどうだろう。

「自信」ではなく「自疑」。

学歴という名の鎧を着て、
“会社”という兜をかぶって、
生活の安定という刀を携えて生きてきたあなたが、
本当のあなただろうか。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

私が提案するのは、
何もないところからの出発である。

何もないというのは、不安だろう。

だが、何もない状態というのは、
実は、とても豊かだということを肌で知ってほしいからである。

自分には何もない、
という意識を強く持つことで、
大自然の中に生かされているひとりの人間として自分の存在を感じたり、
家族のありがたさを知ったりできるだろう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自分は何も持っていない、
ということを考えてみよう。

お金もない。家もない。
もちろん、家具も選び道具もない。

そんな何も持っていない自分が生きていけるか。
そこからはじめてみる。

私たちは、物質的にも精神的にも
あまりに多くのものを持ちすぎている。

持っているものが多すぎるがゆえに、
逆に、それを強く握りしめ、
身動きがとれなくなってしまうのだ。

自分は何も持っていないと思うだけで、
いや、そのことを知るだけでも、
自信につながる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

自分が行く先に何かいいことがあると期待してはいけない、
ということもわかってくる。

期待は、ことごとく裏切られるということも実感する。

名刺なしに自分に何ができるか、実際にやってみたらいい。

名刺がなくてもできる仕事がひとつでも見つかれば、
たいしたものだ。

ひとつだけ注意しておきたいのは、
決して努力しようと考えないこと。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■「一瞬の勝機」のつかみ方 ~生き方が勝ち方を決める~ -静山社- 嘘をついて相手をうまく騙したつもりでも、 ついた瞬間、その嘘は自分...

人間には、向上心というものがあり、
現状より優れた自分になるために、
あるいは、いまよりいい生活を送るために、
がんばろうとする。

しかし、がんばろうとすれば、
そこに力が入り、無理が生じる。

これがいけない、と私は思う。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

向上心とは、私に言わせれば、
ありのままの自分では物足りず、
苦労して別の自分をつくり上げようとする気持ちの表れである。

せっかく、自分は何もない、
何も持たないと決めたのなら、
別の自分をつくる必要などないのだ。

だから、向上心はいらないということを付け加えておこう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

同様に、この際、
「考える」こともやめてみたらどうだろう。

せっかく、何もない自分になり、
心も体も自由に解き放たれたのに、
頭のなかが何かに縛られていたら、
何の意味もない。

「考える」ということは、
「わからないこと」に答えを出そうと努力することだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする