俺は人間だから本当は牌の気持なんかちっともわかっちゃいない。目先の誘惑に敗れず、自信と見切りの麻雀で地運を育てる

■雀鬼・桜井章一の究極奥義 無敗の手順 -竹書房-

俺は人間だから本当は牌の気持なんかちっともわかっちゃいない。目先の誘惑に敗れず、自信と見切りの麻雀で地運を育てる

これで古島の捨て牌は、

捨牌 九筒、東牌、一筒、中牌、一萬、五索、四索

で、五索 はツモ切りなのに手出しで 四索。

これは不自然だよね…。

ドラ 九萬 絡みが手の内にあるんだな。

待ちは ペン 七萬 か カン 八萬か、
あるいはそのものズバリの 六萬 – 九萬 で決まりだね。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

うん、八筒 チーでテンパイ。

ソーズが消え、
ピンズが消え、
残るマンズの上、
ドラ 九萬 絡みしかないねぇ。

村瀬 二萬、東牌、發牌、九筒、西牌、八筒、中牌、南牌
小田 八筒、北牌、一筒、東牌、東牌、(八筒)

村瀬はツモ切りが多くて、
案の定配牌が良いわりに進んでないって感じだね…。

小田もあまり手が伸びてなく、
2シャンテンとか3シャンテンで、
あまり良くない形が残ってるね…。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

八筒 の払いを見ると、
ピンコロはある程度形が出来ていて、
残るマンズとソーズがかったるい形になってそうだね。

捨て牌にある牌の逆が手の内にあるんだから、
大体見りゃ分かるんじゃない。

人間だって裏側に真理が隠れてるわけでしょ?

二萬、三萬、四萬、六萬、七萬、九萬、七筒、七筒、六索、六索、七索、八索、八索
ツモ 八萬
打  九萬
ドラ 九萬

これは何の意味もないペナルティもんの一打です。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

もう最低の落第坊主です(笑)。
油断してたんだろうねぇ。

当面の敵の古島の親が流れて、
楽な配牌が入って…、
結果、こういうバカやっちゃってる…。

伍萬 ツモでの ドラ 九萬 打ちテンパイならまだ許せるけど、
古島の手は明らかにドラ絡みというのが読めてるわけだし、
ここで13本和了ってもしょうがないって考えて、
もしちゃんと打ち気になってれば、
伍萬 ツモでもテンパイ取らずの 八索、六索 外しに出ただろうからね…。

本当にどうしようもない、
情けない一打です。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

こんな調子じゃ、
後々もっと危ないことをやっちゃうかもしれない…。

あんな ドラ 九萬 を切ってるようじゃ、
(ロンを)打って当たり前。

当然の報いです。

俺は人間だから
本当は牌の気持なんか
ちっともわかっちゃいない


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■壁をブチ破る 最強の言葉 -ゴマブックス- 幸福は、誰かに求めるのでなく、誰かにあげるものです。心が強ければ、自分がどんなに不利なときで...

目先の誘惑に敗れず、
自信と見切りの麻雀で地運を育てる

何度も言ってるけど、
東二局に俺が連荘して得た点棒ってのは、
ただ天運だけで手に入れたものだから、
東三局から新しい半荘が始まるという気構えで打たなきゃならないってことだったよね。

その東三局…まぁ俺の気持ちの上では東一局・原点だな。

これ以降、
俺はず~っとノー和了でしょ…。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

俺からすれば6局終わって6100へこみという状況なんだよ。

しかもこの6局の間、
俺は「金持ちケンカせず」じゃあなく、
全局勝負に参加してるじゃない。

振り込んでるか、
テンパイかみたいな感じで…。

オールテンパイ(振り込みが半分の3回)。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

だけど前に出るたんびに少しずつエネルギーを失ってるような、
そんな麻雀だよ。

まぁ、全ての原因は俺にあるんだけどね。

この日はどうしても打ち気に入れない要因があったんで、
俺はちっちゃなミスを繰り返してるよね。

だけど、恐らくそれ以上に残りの3人がミスをしてるもんだから、
俺も卓に乗るくらいのレベルまでは行けるわけだよ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■雀鬼流 無敵の勝負論 -青春出版社- 感じてすぐに動けるからこそ早いのであり、早さの中に感性が宿るのだ。本当の準備とは、自分をどんな変化...

天運じゃあなく地運の麻雀に持っていかなきゃならない局面なんだけど、
小さなミスをしてるために道が拓けない。

そういう意味では
(俺のアヤッ牌 裏ドラになったり、
最初にツモってくる有効牌だったり、
手の内に持っている時に親満を和了れたり…。)、
配牌に1枚 八筒 が入ってるところに少し良い感じが戻ってきたような気配はあるけど、
ここまでの流れを考えると、
恐らくこの ドラ 八筒 は使えず、
最終的には出て行くって形になるだろうねぇ…。

手牌 伍萬、六萬、六萬、七萬、二筒、二筒、赤 五筒、八筒、二索、四索、五索、八索、東牌
ツモ 三筒
打  八索
ドラ 八筒

四筒 か 六筒 が来ればいいんだけど、
三筒 じゃ、今イチだと思っちゃうよね。

だけど 三筒 をツモったことで
「カン 四筒 はチーして動いて行け」
という指令の声が聞こえてくる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

ここまで何度かあったでしょ。

鳴くべき手なのに鳴きたい牌が場に出ず、
結局面前でテンパイして振り込みってパターンが…。

東三局以降は小場になってるわけだから、
鳴きでチョコンと当てていかないと和了れないんだよ。

確か古島の和了りも全部鳴きじゃなかったっけな…?


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

だから 四筒 が出たら即喰いで仕掛けていくね。

赤 五筒 に四筒 か 六筒 がくっついて両面になってんなら、
いくら何でもみっともなくて鳴かないけど、
この形なら鳴きで充分。

ただ ドラ 八筒 を後々放す局面になるだろうから、
他の3人のピンズの動向には当然注意を向けながらね…。

ちゃんと”見切りの麻雀”
が打ててたら 二索 切りでOK。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■超絶感性 -竹書房- 麻雀の本質とは「流れ得」。なぜなら人は、麻雀の本質の困難さからかけ離れて、いつの間にか人間の本性で麻雀を捉えるよう...

でもここでの俺は、
三索 引っ張ってきたら
二索、三索、四索、五索 の連続形の良い形になるなっていう色気が残ってるんだよ。

こっちの女も捨てがたいものがある、
と浮気心を出しているわけ(笑)。

まぁ、今の自分自身の麻雀の流れに、
自信をなくしてんだね、
ったく…。

ここんところずっとテンパイしても空振りするってのが続いてて、
とにかく一度バットに当てなきゃ、
という意識が、
逆に迷いだとか、
焦りだとか、
揺れに方に俺を走らせちゃってる…。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

いわゆる見切れていない状態だよ…。

あともう一つ、
八索を第一打に切った最大の理由として、
俺のクセってのがある。

俺はね、”8″の数牌が3つ浮いてたら、
八索 → 八萬 → 八筒
と切るクセがあるんだよ。

このルールは 赤 五筒 入りだから、
八筒 ってのは 赤 五筒 との振り替わりで結構場に出てくるんだよ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

だから七対子の単騎なんかで待つにしても和了りやすい。

逆に自分の手で使う時にも、
八筒 に 七筒 をくっつけて、
六筒 を持ってきて、
と下に伸ばしていくと 五筒、六筒、七筒、八筒 の形となり、
赤 五筒 に道が通じていくでしょ。

だから当然 八筒 はこの3種類の中じゃ一番大切にするよね。

どうも嫌いなんだよ、
八索 って(笑)。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

何だか知んねーけど(笑)。

勿論その場で 八索 がアヤになってるとか、
誰かがソーズに走ってるとか、
そういう何らかの意味がある時は別だよ。

でもそうじゃない時、
一萬 と 八索 が両方不要だとしたら 八索 の方を先に切ったりする(笑)。

自分でもよく分かってんだよ、
そういうクセがあるってのを(笑)。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする